漢方薬に関する情報

漢方薬 (かんぽうやく、Kampo)は、伝統中国医学の一種で、日本で独自に発展した漢方医学の理論に基づいて処方される医薬品

古代中国においては、複数の生薬を組み合わせることにより、ある薬理作用は強く倍増する一方で、ある薬理作用は減衰すること(指向性の強化)が発見された[1]。その優れた生薬の組み合わせに対し、「葛根湯」などと漢方薬(方剤)命名が行われ、後世に伝えられた。

漢方医学の特徴は、伝統中国医学と同様に体全体をみるところにあり、「」という概念を持っている。証は主に体質をあらわす]。この点で西洋医学とは大きく異なる。漢方診療は「証に随って治療する(随証治療)」が原則であり、体全体の調子を整えることで結果的に病気を治していく[2]。このため、症状だけを見るのでなく体質を診断し、重んじる(ホーリズム)。西洋医学が解剖学的見地に立脚し、臓器組織に病気の原因を求めるのとは対照的である。

同様に、漢方薬も「証」にもとづき患者一人ひとりの体質を見ながら調合される。西洋医薬は体の状態が正常でも異常でも一定の作用を示すが、漢方薬は病理状態ではじめて作用を示す。
漢方治療では、その患者さんの状態にあわせて、心身のバランスを立て直し、病気を改善しようとする。 そのため、同じ病名でも、患者さんによって、異なる漢方薬が処方される場合もある。
つまり、病気に対してではなく、患者さんに対して投薬するのが、漢方の治療方針といえる。漢方では、基本的に五感でとらえる情報を基に、診断を進める。

望診
目の色や、舌の色、爪の色、顔色や体型を目で見て診断。
舌診→ 舌の色、表面に付着している舌苔で診断。

  • 聞診
    声のはりや、喉から出る呼吸音を聞いたり、痰や排泄物、口臭、呼気臭などをかいだりして診断。
  • 問診
    患者さんにいろいろ質問して、現在の症状に加え、普段の体質、症状、(肩こり、のぼせ、冷え)などを聞き診断。
  • 切診
    患者さんのからだに触れて、脈のリズムを確かる脈診と、お腹を指で押して診断する腹診がある。